むし歯が出来たら早めの治療が一番!

歯科に行ってむし歯予防対策をとってもらうのが得策

酸の強い食べ物を食べると、歯が溶けてくることがわかってきたようです。
酸が強すぎて歯に影響を及ぼすようなのですが、いたって普通の食べ物ばかりで、歯が悪くなるなんてどうしたらいいんでしょうね。歯は薄く透けてくるようになるようで、長くほっておくとひび割れの原因にもなってくるようです。
すっぱい食べ物って、果物でもいつでも出回っているし、そんな特別なものじゃないのになあ。実際、市販ジュースの半数以上がすっぱいものなので、怖いですよね。どこでも知らずに食べてしまっているので、知覚過敏になるほど強く症状が出なければいいのですが。外国では、飲料水にフッ素が入っていて、それによってむし歯防止をしているようですが、日本もそうなればいいのかな。積極的に考えれば歯科に行ってむし歯予防対策をとってもらうのが得策ですね。

歯科でフッ素を扱っているとも聞きます。
これってむし歯の予防としてはいけるんじゃないでしょうか。
とにかく理屈としてはむし歯対策として歯を強化すればいいということですよね。今、酸による歯の問題は歯周病の次に増えてきているみたいです。
そうはいっても食べ物の影響なら避けようがないからじゃないかと思うんですが。まぁ食べることを止めるわけにはいかないし、おいしいものをあきらめるのももったいないのでむし歯予防でなんとかするしかないんでしょうね。むし歯にならないと歯科には行かないのですが、その考えを改めて予防のために行くようにしなければいけませんね。


Copyright(c) 2018 むし歯が出来たら早めの治療が一番! All Rights Reserved.